住宅性能

◆高性能住宅 高気密性・高断熱性

雪国新潟で一年中快適。

夏「爽やか」で冬「暖かい」。省エネ効果の高い住宅です。
トピアホームの家は次世代省エネ基準に対応した高気密・高断熱の住宅であり地球環境にもやさしいCO2削減を考慮した住宅です。

夏の遮熱効果。夏は外からの太陽の熱などを遮熱冬の断熱効果。冬は室内の暖かい空気を逃さない。

四季の寒暖差がはっきりしている日本で快適に暮らすためには、夏は太陽光線に暖められた外気や
地面から家全体を遮熱して室内の温度に影響を与えないこと。
冬は室内の暖気を外に逃がさないように 家全体を断熱することが求められます。
これにより、必要最小限のエネルギーで室内を快適な温度に保つことが可能となり、省エネルギーにもつながります。

温度と湿度のバランスを整え、健康的な住環境を作ります。

夏の遮熱効果。夏は外からの太陽の熱などを遮熱

高気密・高断熱を極める

うすくて高性能な発泡ポリウレタン断熱パッキン付き高性能パネル

高性能なパネル工法が、豪雪地帯「魚沼地域」で本当に快適な住宅を実現しています。
冬は大雪に覆われ、夏はフェーン現象で蒸し暑い「魚沼地域」。 この地域でお客様に本当に快適に住み続けていただくために、トピアホームでは高性能パネル工法の住宅を提供し続けています。四季の寒暖差が激しい「魚沼地域」で快適な温熱環境を得るためには、なんと言っても建物の基本性能である「気密性」「断熱性」を極めることが不可欠です。 そのためにトピアホームではグラスウールの2倍の断熱性能のある断熱材(発砲ポリウレタン)を使用した壁パネルを採用し、柱の間に密着して挟みこむことで、格段の気密性を実現しています。

◆構造の安定 耐震性・耐風性

強い構造体

mokuzoujiku
木造軸組工法+パネル工法
地震・台風・豪雪「地震大国ニッポン」「雪国新潟」にふさわしい構造、独自のパネル工法を採用。
構造接合金物工法
構造金物で接合強度を高め、強固な構造躯体を構築します。

最適基礎設計

taishin
地盤調査・構造計算(高床)を実施し、地震地域魚沼でも耐震性・耐久性に優れた鉄筋コンクリート基礎を採用
堅牢な鉄筋コンクリート基礎に、構造用金物を取付け高い耐久性を実現。
さらに防湿シートを敷き、土台を腐らせる原因となる地面からの湿気を防ぎます。

◆火災時の安全 耐火性

防火性能に優れた壁構造

img01
壁下地はすべて不燃材料
壁下地を不燃材料に統一することで、防耐火性能をさらに向上。
木は火に強い
木は燃えても、急激には強度は落ちません。

失火も早期感知

481555
万一の失火に備えて火災感知警報器を設置しています。
もらい火も室内失火も、安全を最優先に考えた家づくりを行っています。

◆劣化の軽減 耐久性

長持ちさせる工夫

773205eb43516a021fd727f66f6792fc_s
壁体内の結露を抑える外通気工法
湿気の侵入を最小限に抑える外壁通気工法。万一侵入した場合でも、独立した通気層にムラ無く排出することで、壁体内の結露を低減。これにより優れた耐久性を実現しています。

家の骨組みをさらに強化、構造用集成材を採用

構造材同士の接合に接合金物(クレテック)を採用
「仕口」「継ぎ手」による従来の「ほぞ組」では安定した接合強度の実現は難しい。

◆空気環境 換気対策

健やかな空気

24870bc9a6271d06a71c313678a90569_s
内装仕上げや天井裏等に使われる建築資材はF☆☆☆☆のタイプを標準仕様
厳しい基準でVOCを低減、室内の空気を常に新鮮に保ちます。

気密性の高さが効率的な計画換気を実現し、健康的な空気環境を保ちます
トピアホームの高気密住宅を、一邸ごとに最適な「24時間計画換気システム」で設計します。

◆高齢者への配慮 ユニバーサルデザイン

毎日を暮らしやすく

452533
誰にとっても「楽」「安心」「安全」な木の住まい。
ご家族ひとりひとりにとって、快適な住まいであること。これから先もずっと、暮らしやすい住まいであること。それがトピアホームの考え方。

必要な場所だけを必要な広さに設定できます
車イスが通る場合や、将来手スリを設けたい廊下だけを、出入り口も含めて幅広に設計できます。また、ご両親の生活する1階だけを幅広で、というご要望にも柔軟に対応できます。

img02

階段の安全性にも細やかな配慮
生活の大切な動線である階段は、勾配が緩やかな15段に設定。手スリは、途中で持ち替える必要のない連続手スリを採用しています。


次は高性能住宅の施工例をご覧ください

 TOPへ