ランニングコストゼロの家 南魚沼市 M様邸

先端をゆくゼロ・エネルギーの住まい

施工ポイント

広々3階建の二世帯住宅は、とにかく高性能。
高気密高断熱仕様に、太陽光パネル、地中熱ヒートポンプをプラスし自然エネルギーをフル活用。
光熱費のコストを年間概ねゼロにできる住まいです。
また、家庭用エレベーターで1階駐車場から各階への移動もスムーズ。
生活動線に配慮した間取りで、プライバシーを守りながら快適に暮らせます。

写真

  • 外観

    白系をベースとした外壁に茶の木目のアクセント外壁。木製の手すりがより全体のバランスを整えている。雪や緑と四季に富んだこの魚沼地域によく合うデザイン。
  • ホール

    高床階から3階までを繋ぐエレベーターは、歳を重ねても、介護が必要になっても負担を少なく生活できる最高のツール。高床の最大のデメリットが半減できる。
  • 1階 親世帯 LDK

    開放感あるLDKを演出するため、天井の高さを最大限に確保。白いキッチンやインテリアを配置することで、圧迫感を感じない。
  • 2階 子世帯 LDK

    部屋数が多いとどうしても生活動線が重なりがち。来客がある際、家族の生活の姿は見せたくないもの。キッチンを中心に回遊できる間取りは、プライバシーを守ってくれる。
  • 主寝室

  • 地中熱ヒートポンプ

    【ネット・ゼロ・エネルギー事業】
    2030年の住宅ゼロエネルギー化を目指すべく、国が勧める高性能住宅事業。年間のエネルギー消費量と創り出すエネルギーを相殺してゼロになる画期的な取り組みです。

施工概要

所在地
南魚沼市
竣工
2014年
家族構成
夫婦+母+子ども3人
構造・工法
クレテック金物工法
構造材
集成材
規模
3階建て
床面積
1F: 3.93坪(12.99m2
2F: 31.62坪 (104.53m23F: 31.12坪 (102.88m2
延床面積
66.68坪 (220.43m2
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ