工夫が光る素材感と開放感のある住まい 長岡市 K様邸

性能と心地よさの両立

施工ポイント

南仏プロバンスの雰囲気を取り入れた外観そのままに、
明るく陽光あふれる室内。
壁や床・梁の素材にこだわったオープンリビング。
ロフトやサービスコナーなどゆとりの間取りで住み心地のよさを実現しました。
“長期優良住宅仕様”で性能も太鼓判。

写真

  • 外観

    塗り壁調の外壁、鋳物のアイアン手すり、アーチ壁など・・・デザインは一貫して、南欧風がテーマ。南欧デザインならではの温かみのある住まい。
  • 階段

    お施主様こだわりの階段手摺は、鋳物のアイアン手摺。木合わせてデザインすることで、柔らかい印象を与える。
  • リビング

    天井を高くし、オープンな間取りにしたリビングダイニングキッチン。
    間仕切りの少ない開放的な家で暖かく快適に過ごすために、また光熱費を抑えるためにも、少ないエネルギーで効果的に熱を造り出さなければなりません。そのためにも雪国魚沼の本物高気密・高断熱家づくり。
  • ダイニングキッチン

    狭小地での家づくり。計画当初から室内の開放感が一番のテーマ。
    リビングを2階に設け明るさを確保。吹抜けやオープンな間取りで視覚的にも、より開放感が生まれた。
  • 書斎スペース

    床はパイン材やサクラ材。壁は土壁。天井は現しの梁。手造りカウンターや棚。住まいの至るところを素材感のある無垢材で仕上げ。
    無垢の木や土は消臭・調湿効果もあり、家族のカラダにも優しい素材。
  • ロフト

    高さ制限のある地域でも可能な限り高さを確保し、リビングと繋がるロフトを設けた。遊びや収納としてはもちろんのこと、間接的な太陽光を採り入れたり、室内熱を逃がす効果も。
  • ロフト

    ロフトからはリビングの様子がよく見える。
    間仕切りを少なく吹抜けを設け、採光、風通し、熱を逃がす工夫。エアコンや照明など設備機器になるべく頼らない。自然の光や風を充分に取り込み、将来に渡って環境にも家計にも優しい住まい。

施工概要

所在地
長岡市
竣工
2013年
家族構成
夫婦+子ども2人
構造・工法
クレテック金物工法
構造材
集成材
規模
2階建て
床面積
1F: 19.50 坪坪(64.46m2
2F: 21.25 坪坪 (70.25m2
延床面積
40.75 坪坪 (134.71m2
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ