雁木暮 ~がんぎぐら~  南魚沼市 H様邸

塩沢の街並みに溶け込む
コラボレーション企画『建築家との家づくり』
建築家:瀬野 和広 氏×トピアホーム

施工ポイント

木の素材感たっぷり
塩沢の街並みに溶け込むパッシブデザイン住宅。『パッシブデザイン住宅』とは、太陽の光や熱・風といった自然の恵みを上手に採り入れることで、エアコンなどの機器をなるべく使わず快適に暮らすことを目指し、デザインした住宅のこと。

写真

  • 外観

    塩沢の街並みに溶け込む雁木デザインの外観
  • 木の素材をたっぷり使った落ち着きのあるデザイン

  • キッチン

    小下がりキッチンにすることで、ダイニング・リビングで過ごす家族や友人との目線の高さがゆるやかに
  • オープンな間取

    ワンランク上の断熱材を使用・換気設計をしているので、燃費がよく、光熱費を削減
  • 明るく風とおしがいい

  • 畳の落ち着きのある空間

施工概要

所在地
南魚沼市 
竣工
2017年
家族構成
ご夫婦2人
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ