魚沼に住まう、トピアに住まう。 南魚沼市 K様邸

和を現代に住まう

施工ポイント

「陽射し・風通し」自然環境を充分に考慮した、日本家屋の伝統的な知恵と現代技術を生かした「高気密・高断熱・高耐震」の高性能住宅。この知恵と技術を合わせ“和を現代に住まう”を家づくりのテーマにしました。魚沼の気候条件、魚沼の歴史文化、魚沼の人・・・・
トピアホームが考える魚沼地域ならではの住まいです。

写真

  • 外観

    和を基調としながらも随所に現代要素を取り入れたモダンな形態。周りの自然に溶け込むような、無垢材や塗り壁で仕上げた落ち着きある外観。
  • 玄関・ホール

    お客様を出迎える、御影調の石を貼った通り土間。古材を再利用した腰掛けは、靴を履き脱ぎしやすいだけでなく、コミュニケーションの場としても。
  • リビングダイニング

    間接照明で照らされた現しの柱や梁が昼と夜で違う表情を見せ、陰影に富んだ空間を演出します。
  • フリースペース

    造り付けの棚を設けた多目的室は、アイロン掛けなどの家事スペースや学習室として大活躍。開口部を広く取ることにより、採光や通気性も確保。
  • 主寝室

    障子から柔らかい陽射しが差し込む主寝室は、カーペット敷きにすることで生活音を防ぎ、落ち着きのある空間に。夫婦ふたりだけの時間を演出する他、奥にはお父さん専用の書斎スペースを設けた。
  • 子供室

    日本家屋の伝統美から学んだ昔ながらの高窓。温度や湿度管理にすぐれ、暑い空気や汚れた空気を自然に排出し、光を取り組むことで家中を明るく照らす。

施工概要

所在地
南魚沼市
竣工
2009年
家族構成
5人家族(親2人+子ども3人)
構造・工法
クレテック金物工法
構造材
集成材
規模
2階建て、ビルドインガレージ
床面積
1F: 27.12坪(89.65m2
2F: 28.33坪 (93.65m2
延床面積
55.45坪 (183.31m2
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ