4世代が集う北欧スタイルの家 魚沼市 K様邸

上下に分かれプライベートを守る暮らし

施工ポイント

2階は若夫婦と子どもたちの空間。白で統一した30畳以上のLDKを中心に、明るさと開放感あふれる新しい家で子どもたちは走り回って遊べます。広さを感じさせる勾配天井は冬寒いイメージでも気密・断熱性に優れた高性能住宅ならそんな心配も無用です。

両親と祖父母が暮らす1階は、夫婦ごとの居室の間に水廻りを配した楽な動線が一番のポイント。また、すりガラスを活用して垂直と水平の2方向から光を取り込み、暗くなりがちな1階のすべての部屋に光が差し込むように工夫を施しました。

写真

  • 外観

    北欧住宅を思わせる大屋根でシンプルなデザイン。紺の外壁に白の窓枠や窓手すりがアクセントとなり、遠くからでも目を惹く。スキーにゆかりの深い施主様家族らしいデザイン。
  • 玄関ポーチ

    玄関から2つに分けた完全分離型の二世帯住宅。親世帯と子世帯のそれぞれのプライベートを優先した間取。
    食事から来客者まで違うとなれば、余計な気を使うことなく暮らしたい。
  • 1階 親世帯 LDK

    親世帯が住む1階には祖父母夫婦も同居。お手洗いやお風呂など、両夫婦のどちらの寝室からも移動しやすく近い場所に配置。
  • 2階 子世帯 LDK

    室内の扉、建具の枠など白を基調としたインテリアはシンプルで清潔感のある空間を演出するとともに、実際以上の明るさと広さを感じる。
  • 2階 子世帯 LDK

    二世帯住宅は部屋数が多くなるため、廊下などは暗くなりがち。
    窓の配置や間取り、仕上げなど、最大限に明るさを確保できるように工夫を施した。

  • 書斎

    書斎の棚や飾り棚、ガラスモザイクタイルを施した洗面台や壁など、他にはない世界でたった一つだけの施主様こだわりの品。

  • 太陽光パネル

    大きな家は冷暖房などの光熱費も大きな関心事。断熱性能を高めることは建物の保温性能を高めることになり、光熱費を圧縮。
    南側に設けた太陽光発電パネルがより家計を助けてくれる。

施工概要

所在地
南魚沼市
竣工
2014年
家族構成
祖母+祖父+夫婦+子ども3人
構造・工法
クレテック金物工法
構造材
集成材
規模
2階建て、ビルトインガレージ
床面積
1F: 51.12坪(168.99m2
2F: 40.24坪 (133.02m2
延床面積
91.37坪 (302.05m2
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ