4世代が集う和モダンスタイルの家 南魚沼市 S様邸

LDK以外は共有する新たな”二世帯住宅”

施工ポイント

玄関はひとつ。入って左右に分かれる1階に2つのLDK。
落ち着きある”和”の風情を活かした親世帯。
白を基調に”モダン”な印象に仕上げた子世帯。
何よりもこだわったのは、他をすべて共有する”部分二世帯住宅”であること。
ご家族ごとの暮らし方や距離感に合わせた自由な”二世帯住宅”

写真

  • 外観

    地域の風景に溶け込んだ和モダンの外観デザイン。オフホワイトの外壁をベースに、焦げ茶の外壁や窓枠がアクセント。バランスの良い外観に仕上がりに。
  • 玄関ホール

    一階に2つのリビングがある二世帯の間取り。玄関は大きく一つに。中に入ると廊下を隔てて親世帯と子世帯のLDK。生活の時間帯、食事の好みなど、ひとつ屋根の下でもプライベートな時間と空間は大切にしたい。
  • ホール・階段

    二世帯住宅は部屋数が多くなるため、廊下などは暗くなりがち。窓の配置や間取り、仕上げなど最大限に明るさを確保するように工夫した。
  • 親世帯 リビング

    木製の間仕切り格子。木製の室内建具。木板の天井材。木の仕上げは自ずと日本人に合った”和”の雰囲気に。両親や祖父母が憩う落ち着いた空間。
  • 白を基調にした壁面にアクセントで焦げ茶の室内建具がポイント。天井は間接照明を施し、光の影も柔らかく照らす。白いインテリアは室内を広く見せる効果も。
  • 地中熱を利用してエコな暖房計画

    灯油や電気代がここまで高騰すると、何をエネルギーにして光熱費を賄うかは住み続ける中で大きな問題。自然の地中熱を暖房に活用することは、次世代を見越したエネルギー活用となる。

施工概要

所在地
南魚沼市
竣工
2014
家族構成
祖父母・父母・夫婦・子ども
構造・工法
クレテック金物工法
構造材
集成材
規模
2階建て
床面積
1F: 43.00坪(0.00m2
2F: 44.75坪 (0.00m2
延床面積
87.74坪 (0.00m2
タイプ
この施工例についてのご質問はお気軽に!
 TOPへ